アジア回廊

《アジア回廊現代美術》東アジア文化都市2017

京都で開催されているので是非これは行って感じたり、見たり、したくて思ったらすぐ行動!行って来ました!

二条城会場|8:45-17:00(最終入城16:00)なお二の丸御殿台所・東南隅櫓は9:00-16:45

10月15日まで開催してるみたい。

・二条城入館料¥600・現代美術展¥600
前売で買うと¥200円安かったです。

うきうきしながら、ちょっとドキドキしながら、、、

あまり文は上手くないので写真から伝わればいいなと思います!
説明はあまりかいてません。行ってみて私が感じたことだけ書きました♩

 

アジア回廊

二条城の金がすごく光り輝いて見える。太陽のせいかな?

 

▼チェ・ジョンファ《フルーツの木》

真っ青の青空の中に現れた大きなフルーツ。
最初からびっくりさせられた!本当にこんなフルーツの木があったら
すごく嬉しい。のぼってみたい!

アジア回廊アジア回廊

・ チェ・ジョンファ

電気が通っていて光ったり、暗くなったり、
一つ一つが息してるみたいって感じました。

 

アジア回廊アジア回廊アジア回廊アジア回廊アジア回廊

・草間彌生 《無限の網のうちに消滅するミロのヴィーナス》

よく見ると斑点の大きさがひとつずつ違ってて、もっとよく見ると
斑点って言うよりもいびつな丸みたいな感じ。
ちょっとざわざわしました。

アジア回廊

・谷澤紗和子

部屋に入った瞬間、独特な世界観すぎて一瞬焦った。
私からすると少し怖い。
貝殻を埋め込んで顔みたいなのを作ってあるみたい。

アジア回廊アジア回廊

・チェ・ジョンファ
巨大すぎる大根!一つ目のフルーツと同じで空気を使った大きすぎるアート。
動物になって食べてる気分になってみた。すごくしあわせやろうなぁーって。わら

アジア回廊アジア回廊アジア回廊

・ツァイ・グオチャン《盆栽の舟》

舟を鉢に見立て、5本の松の木を植えた巨大な盆栽アート。
いかにも日本をイメージした感じ。

 

アジア回廊

・チェ・ジョンファ《エアー エアー》

1万個もの韓国製キムチ用のザルを組み合わせたアート。
文化財を守りながら、アート作品をどこに配置するのかが、学芸員の方々が大変だったみたい。
韓国のアーティストだからキムチのざる。発想が面白い!

アジア回廊アジア回廊アジア回廊アジア回廊

・チェ・ジョンファ《呼吸する花(808の漢字)》

空気が入ったり、抜けたりすることによってハナが咲いたり、しぼんだり。
呼吸してるみたいで鼓動してる、ちょっと不気味な感じも、、

アジア回廊アジア回廊

これをやろうとか、作ろうとか、考えることは出来るけどそれを本当に形にしていく
エネルギーがすごいなと。ひたすら時間をかけて、ひたすら悩んだりとか、行っていろいろなことを感じて、見て、
すごく新鮮なものが自分に入ってきた気がします。